リコーのトナーが選ばれる理由

リコーのトナーは業界初のポリエステル重合トナーです。トナーの定着温度を下げることができるため、プリンターの省エネルギー化に貢献しているのが選ばれている理由です。

純正トナーに関するQ&A

純正品のメリットは何ですか。

プリンターの特徴に合わせてトナーを最適化しているため、少ないエネルギーで高品質の印刷ができます。

プリンターの保証に差はありますか。

トナー利用中、プリンターにトラブルが起きた場合、純正トナーであれば保証期間内はメーカー保証を受けられます。

いつまで購入可能ですか。

メーカーが生産終了するまでは購入可能です。生産終了するまでは在庫がなくなることはありません。

どこで購入できますか。

NetRICOHをはじめ、事務用品を販売している店や家電量販店で購入することができます。

トナー

再生品がおすすめ

会社で一般的に使われているプリンターは、印刷するためにインクカートリッジではなく、トナーを利用している場合がほとんどです。そのため、リコーのプリンターを使っているのなら、リコーが販売するトナーを利用するのがスタンダードな方法といえるでしょう。しかし、メーカーが販売しているトナーは、結構な値段がするため、コストの面を考えるならおすすめできません。もしも、安い費用でプリンターを運用したいのなら、メーカー品ではなくサードパーティが販売する再生品の利用を考えましょう。再生品というのは、空になったメーカー品のトナーを回収して、再び使えるように中身を詰め直して販売しているもので、安価で購入ができるため人気になっています。

型番をしっかり調べる

リコーの再生品のトナーは、型番によって使えるものが異なるため、1種類だけではなく複数のものが売られています。間違ってしまうと、プリンターに装着できないので、型番にあったトナーを必ず選ぶようにしましょう。ネットショップで購入するのなら、トナーの商品説明ページに対応するプリンターの型番が必ず記載されているため、きちんと目を通せば間違うことはないです。ちなみに、型番は説明書はもちろん、プリンターの本体にもしっかりと書かれています。

保証が手厚いところを選ぶ

再生品として使われているリコーのトナーは、新品ではないので、ときには正常に動かないこともあります。そのようなときに、正常に動くものとすぐに交換してもらうために、保証がしっかりとしているショップから購入するようにしましょう。中には一年間の保証をつけてくれるところもあるので、再生品だとしても安心して利用ができます。長期保証をつけているところなら、品質管理も完璧でしょうから、きちんと動くトナーを購入できる確率も上がります。

広告募集中